診療案内

白内障手術

白内障の原因と症状

白内障手術

正常な水晶体は透明で、光をよく通します。しかし、さまざまな原因で水晶体の中身のたんぱく質が変性して、濁ってくることがあります。
⇒これが「白内障」です。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

こんな症状が現れます
①かすんで見える
②まぶしく感じ明るいところで見えにくい
③一時的に近くが見えやすくなるが、眼鏡が合わなくなります
④二重・三重に見える

日常生活に支障がない程度であれば、目薬等で白内障の進行を遅らせます。

こんな時は…手術を考えてみましょう!
①視力が低下して、仕事や日常生活に支障をきたす時
②外ではまぶしくて、極端に見えづらい
③運転免許の更新が難しい(視力が0.7以下)

当院における日帰り白内障手術の流れ

①診察

②術前検査(予約)・・・1時間前後かかります
⇒検査にはご本人様のみでも可能です。当日は検査のため散瞳致します。個人差はございますが検査後3~4時間程、ピントがぼけ見づらくなるかと思います。

③術前説明会(予約)・・・1時間前後を予定しております。
⇒当院作成のプリントをもとに行なっております。患者様の手術に対する疑問・不安を手術前に解消して頂きたいと思っております。ご本人様だけではなくご家族の方も同席して頂ければと思っております。

④手術・・・全て日帰りで行っております。

⑤術後診療
⇒毎日来院して頂く事はございません。先生よりその都度、診察日の指示が出ますので定期的に診察して下さい。当院では術後検査として主に1週間・1ヵ月・2ヶ月・3ヵ月後の計4回、視力検査等を行ない経過観察をしております。手術後のケアには万全の体制で対応しておりますのでご安心下さい!

白内障手術後の生活について

基本的には一般的な日常生活をして頂いて構いませんが・・・
いくつか注意点がありますので気をつけましょう!

【注意点】
①眼に水を入れない ②ぶつけない ③こすらない には気を付けて下さい。

手術直後は・・・術後炎症の一つとして①充血する ②ゴロゴロする ③かすむ などといった症状が出ることがありますが、これらの症状は個人差はありますが数日から1~2週間で治まります。

手術翌日からは・・・疲れない程度であれば目を使って頂いて構いませんが、患者様の体調や仕事内容によってそれぞれ違ってきますので、定期的に診察を受けましょう!

通常手術後1ヵ月頃には・・・視力が回復し安定してきますので、この時期に自分の視力に合った眼鏡を作られることをお勧めします。

後発白内障

白内障の手術後、数ヶ月~数年して、また「まぶしくなる」「目がかすむ」などといった症状が起こることがあります。これは後発白内障と言われるもので、手術の際に残しておきました水晶体の後嚢が濁ってくるために起こります。
後発白内障の治療には手術の必要はなく、レーザーを使って簡単に濁りを取ることが出来ます。視力はすぐに回復し、入院の必要もございません。
当院でも、このレーザー治療(YAGレーザー)を行なっております(予約制)ので、お気軽にお問い合わせ下さい。

緑内障

緑内障

緑内障とは眼圧により視神経が慢性的に圧迫されることで、視神経の障害(緑内障性視神経陥凹(かんおう)という)を生じ、放置すると視野欠損を生じ、重症例では失明する可能性のある目の病気です。
緑内障は視神経の病気で、その自覚症状は視野が欠けて狭くなります。ごく一部の患者の方では急激に眼圧が上昇し、一時的に吐き気や頭痛、眼の痛み、目のかすみを自覚することがあります(急性緑内障発作)。
当院では、虹彩・隅角光凝固術(レーザー)や視野検査および光干渉断層検査(OCT)などの治療を行なっております。

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性は、網膜(カメラのフィルムにあたる組織)の黄斑という所に異常な老化現象が起こり、視機能(視力や視野)が低下してくる病気です。黄斑は網膜のほぼ中央にあり、ほかの部分に比べて視機能が格段によく、物を見る要の部分です。
黄斑の中央にあたる中心窩〈ちゅうしんか〉は、とくに視機能が鋭敏な一点であり、この病気の治療は、この中心窩の機能をどれだけ回復・維持できるかが大きなポイントです。
当院では抗血管新生薬療法(ルセンティス治療)を行なっております。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病になった方に起こってくる病気の一つです。糖尿病によって目の中にある血管が膨れたり、閉塞したり、破れたりするために、網膜や硝子体などに異常が出てきます。
初期の頃には全く自覚症状がありませんが、定期的に眼科で精密検査を受ける事が必要です。網膜症が進行してくると、網膜に浮腫をおこしたり、硝子体中に出血したりして、視力が低下してきます。1度かなり悪くなってしまった網膜や網膜血管は、2度と元通りの状態に戻す事はできないのです。
現在成人の 失明の原因の第1位は、糖尿病性網膜症 です。将来失明しないためにも、糖尿病と診断されたら 早めに眼科を受診し定期検査 を受ける事が重要です。
当院では網膜光凝固術(レーザー)の治療を行なっております。

川越市の眼科[さい眼科医院]
安心してお任せください

〒350-0806
埼玉県川越市大字天沼新田340-6